中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

11 平成18年度 事例Ⅲ 第3問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 

 

 

 

 

 

サロンメンバー募集中!

朝活・夜活勉強会で一緒に中小企業診断士の勉強をしましょう!

無料期間実施中!

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

第3問(配点25点)


海外生産が進展している自動車産業にあって、C社は今後とも海外に進出せず国内生産による発展を構想している。国内生産のみでC社が発展し続けるためには、どのような点を強化すべきか、理由をあげながら120字以内で説明せよ。

 

キーワード

 

【強化点】

価格対応力

三価クロメート処理ができる技術体制

納期対応力

 

【理由】

部品メーカーからの価格対応

クロム転換要請

手作業部分に生産性向上の余地

海外部品メーカーと納期面で差別化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例

C社は、価格対応力・三価クロメート処理ができる技術開発体制、納期対応力を強化する。理由は、部品メーカーからの価格対応・クロム転換要請に対応するため。手作業部分の生産性向上の余地があるため。海外部品メーカーと納期面で差別化を図るため。

 

ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

 ↓

 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

 

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210416202603p:plain