中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

16 平成17年 事例Ⅰ 第4問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

無料期間継続中!

参加希望者大歓迎です!

↓ 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

以下の設問について、以降に挙げるキーワードを繋ぎ解答を編集せよ。

 

 

第 4問(配点 20 点) 

設立間もない規模の小さなベンチャー企業に評価制度を新たに導入する場合、いくつかの障害が考えられる。A社社長は、個人の成果に連動した賃金制度を模索しているが、いまだ、その導入を逡巡している。その理由を、事例から類推して100字以内で述べよ

 

  

キーワード

 

個人主義

短期的な成果

組織の一体感が棄損

本業と関係ない広告収入が多い

考課者が不足

公平な評価が困難 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例

理由は、個人主義・短期的な成果が重視され、組織の一体感が棄損する恐れがあるため。本業と関係ない広告収入が多い点、考課者が不足している点により、公平な評価が困難なため。

 

 

 

応援(クリック)よろしくお願いします!

↓ 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村