中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

平成27年度 事例Ⅲ 第3問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 

 

この度、世界中の勉強を愛する人々を対象とした、勉強用BGMを配信するYouTubeチャンネルを開設しました。


学習が捗るような動画制作を続けます。

もしよろしければ、チャンネル登録&いいねをお願いします!

 ↓

www.youtube.com

 

 

 

こちらは、中小企業診断士向けの勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

以下の設問について、以降に挙げるキーワードを繋ぎ解答を編集せよ。

 

 

第3問(配点20 点)
C 社は、納期遅延の解消を目的に生産管理の IT 化を計画している。それには、どのように納期管理をし、その際、どのような情報を活用していくべきか、120 字以内で述べよ。

 

  

キーワード

進度・現品・余力、コスト、生産リードタイムなどの生産情報

希望納期、仕様、数量、価格などの受注情報

データベースで一元管理

製販の情報共有体制を強化

生産統制

納期遅延を解消

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例

進度・現品・余力、コスト、生産リードタイムなどの生産情報、納期、仕様、数量、価格などの受注情報を活用しデータベースで一元管理する。製販の情報共有体制を強化し、生産統制を徹底することで納期遅延を解消する。

 

 

 

 

www.youtube.com