中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

27 平成23年 事例Ⅲ 第2問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 

 

勉強用BGMを配信するYouTubeチャンネルを開設しました。

チャンネル登録&いいねをお願いします!

 ↓

www.youtube.com

 

 

 

こちらは、中小企業診断士向けの勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 


以下の設問について、以降に挙げるキーワードを繋ぎ解答を編集せよ。

 

第2問(配点20点)

C社の生産計画は計画期間中に変更されることが多い。C社社長は、当社製品の納期に対する顧客の満足度を上げるためにも生産計画の精度を向上させたいと考えているが、そのための対応策を200字以内で具体的に述べよ。

 

 

 

 キーワード


毎月中旬にX社から営業に入る注文書と納品指示書の情報

OEM製品の受注情報

月末ではなく随時製造に渡すよう変更

生産計画の作成頻度を高める

外注先の加工能力を考慮

バッファを予め計画に組み込む

外注加工品の発注業務を設計要員から製造部に移管

より精緻な納期管理を行う

外注加工品の納期遅れ

組立工程の生産計画の変更を予防

生産計画の精度向上

顧客満足を高める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例

毎月中旬にX社から営業に入る注文書と納品指示書の情報、OEM製品の受注情報を月末ではなく随時製造に渡すよう変更し、生産計画の作成頻度を高める。また、外注先の加工能力を考慮し、バッファを予め計画に組み込む。さらに外注加工品の発注業務を設計要員から製造部に移管し、より精緻な納期管理を行うことで、外注加工品の納期遅れ、組立工程の生産計画の変更を予防する。以上により生産計画の精度向上を図り顧客満足を高める。

 

 

 

www.youtube.com