中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

28 平成23年度 事例Ⅰ 第3問 

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 

 

勉強用BGMを配信するYouTubeチャンネルを開設しました。

チャンネル登録&いいねをお願いします!

 ↓

www.youtube.com

 

 

 

こちらは、中小企業診断士向けの勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 


以下の設問について、以降に挙げるキーワードを繋ぎ解答を編集せよ。

 

 

第3問(配点20点)

 

A社は、中小企業には珍しく、創業家一族による同族企業ではなく、仕入れ先や社員持株会などが主な出資者である。A社にとって、このような所有と経営の分離のプラス面とマイナス面の両面について、120字以内で述べよ。

 

 

 

 キーワード

プラス面

ガバナンスが強化

経営層の独善的な統治を抑止

業績を重視した意思決定

 

マイナス面

 

 利害の異なる出資者が多い

意思決定や環境対応に遅れ

短期志向が増長

独自経営の阻害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例
プラス面は、ガバナンスが強化され、経営層の独善的な統治を抑止できる点。業績を重視した意思決定が促される点。マイナス面は、利害の異なる出資者が多く、意思決定や環境対応に遅れじる恐れがある点。短期志向が増長し、独自経営が阻害される恐れがある点。

 

www.youtube.com