中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

95 復習42 平成30年度 事例Ⅱ 第1問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 

 

当問題配信の取り組み方法についてのガイダンス

 ↓

www.youtube.com

 

 

こちらは、中小企業診断士向けの勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

以下の設問について、以降に挙げるキーワードを繋ぎ解答を編集せよ。

 

 

第 1 問(配点 25 点)

B社の現状について、 3C(Customer:顧客、Competitor:競合、Company:自社) 分析の観点から 150 字以内で述べよ。

 

 

 

 

キーワード

顧客

祭りの見学客

夜間の滞在人口

和の風情を求めるインバウンド客

増加傾向

昔なじみのビジネス客

減少傾向

 

競合

駅前にチェーンホテルが2件

B社周辺に宿泊施設はない

 

自社

観光エリア中央に立地する点に強み

ビジネス手法が古く、観光需要を享受できていない点が弱み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答例】
顧客は、祭りの見学客、夜間の滞在人口、和の風情を求めるインバウンド客が増加傾向にある。昔なじみのビジネス客が減少傾向にある。競合は、駅前にチェーンホテルが2件あるが、B社周辺に宿泊施設はない。自社は、観光エリア中央に立地する点に強みがある。ビジネス手法が古く、観光需要を享受できていない点が弱みである。

【出題の趣旨】
第 1 問(配点 25 点)
B 社の顧客の状況、自社の強み・弱みと競合の状況について分析する能力を問う問題である。

 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村