中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

129 令和2年度事例Ⅲ 第3問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

 

第3問(配点 20 点) C 社社長は、納期遅延対策として社内の IT 化を考えている。C 社の IT 活用につ いて、中小企業診断士としてどのように助言するか、120 字以内で述べよ。    

 

 

    

対応段落        第7.9.10段落

        

想定される事故       

納期遅延との関連性が低いIT活用に関する施策を助言してしまう(題意・制約)

中小企業診断士として、C社が実現可能かつ論的な助言内容になっていない(制約)

 

 

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例
生産統制・生産計画に関する情報、仕様や図面、納期、デザインなどの受注情報をデータベース化し一元管理する。製販をネットワークでつなぎ、リアルタイムでの情報共有化を進める。打合せ時間の削減を進め、リードタイムの短縮を図り、納期遅延を防止する。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村