中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

133 令和2年度事例Ⅲ 第4問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

 

第4問(配点 20 点)

C 社社長は、付加価値の高いモニュメント製品事業の拡大を戦略に位置付けている。モニュメント製品事業の充実、拡大をどのように行うべきか、中小企業診断士として 120 字以内で助言せよ。

 

 

対応段落 2.3.5.7.11.12.15段落

 

想定される事故

 

モニュメント製品事業に関係のない、充実・拡大策を答えてしまう(題意・制約)

 

充実・拡大の観点で解答内容を切り分けられていない(題意・制約)

中小企業診断士として、C社が実現可能な、的を得た助言ができていない(制約)

 

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例
C社は、OJTや作業標準化による各チームの技術力強化、施工管理の外注化による営業体制の強化、3次元CAD導入により充実を図る。優れた溶接・研磨技術、垂直統合度の高い生産体制を活用し、増加する都市型建築の受注獲得、高付加価値化により拡大を図る。