中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

149 平成9年 商業診断実務の事例 中小企業診断実務の事例 Ⅱ 第1問

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

 

【与件文】
大都市に所在するF社は業務用需要者を対象にして、ユニフォームや、文具・事務用品、その他オフィス関連商品を納入している卸売業者である。

 

古い業界ならではの閉鎖的な取引慣行、値引き競争、営業マンの引き抜き、人的手段に傾斜した非合理的な営業活動、限定された販売エリアといった問題が横たわっていた。

 

そのような折、アメリカの流通視察で知り得たことがヒントとなって、カタログというメディアを活用してダイレクトに得意先顧客にアプローチする販売方式を試験的に導入してみることにした。

 

テスト・マーケティングを試みたところ、予想した以上のレスポンスが得られたため、F社ではこの販売方式を本格的に導入することにした。

 

※カタログ販売(業務用需要者に対して商品カタログを送付し、電話やファクシミリ、郵便で注文を取る方式)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【問】

F社が導入したカタログを利用した通販方式の戦略的な効果について、主なポイントを120字以内で述べよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答例】
ポイントは、①消費者との双方向コミュニケーションが可能になり、直接レスポンスが収集できること。➁非人的メディアを活用することで、限定された販売エリアを拡張できること。③顧客情報をデータベース化でき、顧客特性に合わせた提案を行えること。