中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

155 平成30年度 事例Ⅰ 第2問 設問2

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

 

第2問設問2        

A 社の事業展開について、以下の設問に答えよ。

 

(設問 2 ) A 社長は経営危機に直面した時に、それまでとは異なる考え方に立って、複写 機関連製品事業に着手した。それ以前に同社が開発してきた製品の事業特性と、複 写機関連製品の事業特性には、どのような違いがあるか。100 字以内で答えよ。        

 

対応段落    第7段落

   

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】
開発した製品を販売した時点で取引が完了する、売り切り型の事業特性を持つそれ以前の製品に対し複写機関連製品は、部品や消耗品の提供により安定した収入を確保できるなど、継続的な需要が存在する事業特性を持つ。