中小企業診断士2次試験・オリジナル問題!

中小企業診断士試験の問題を毎日配信しています。

169 令和2年度 事例Ⅱ 第2問 130

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

 


Z 社との取引縮小を受け、B 社はハーブ Y の乾燥粉末の新たな取引先企業を探している。今後は Z 社の製品とは異なるターゲット層を獲得したいと考えているが、B社の今後の望ましい取引先構成についての方向性を、100 字以内で助言せよ。


対応段落 2.7.11

 

あてはまる事故内容

ハーブYを扱う新たな取引先企業について考えていない。

Z社のターゲットと重複する取引先を解答の軸に据えてしまう。

取引先構成の方向性を助言していない。

B社の資源制約・実行可能性を考慮していない(強みや前例などの根拠が解答に含まれていない)

 

ばらつきの見込み

解答構成がイメージしづらいので、解答のばらつきが大きくなる可能性が高い。

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例

B社は、ハーブYの健康長寿の効能、Z社との取引実績、社長の高品質かつ安全性を追求する姿勢を活かし、高齢者をターゲットとする複数の企業との取引拡大を進めることでZ社への依存度を低減し、リスク分散を図る。

 

趣旨 B 社の現状を踏まえて、既存製品の新たな販売先を提言する能力を問う問題である。