中小企業診断士試験のWEB勉強会(問題配信部)

問題配信、勉強会運営が楽しい時分です。

190 平成25年 事例Ⅱ 第2問 156

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

 

第2問(配点20点)                                                    

 B 社のさつまあげの新商品開発において農商工の連携が実現した要因のひとつに、副社長が農家に対して地域ブランドの確立につながるようにパッケージ・デザインの工夫を提案したことがある。地域ブランドの価値を高め、かつ原材料の農産物の質の高さを訴求するためにはパッケージをどのように工夫すべきか。80 字以内で述べよ。ただし、パッケージは筒状のビニール素材で、小判型のさつまあげを 12 枚程度重ねて包装するものである。形状を変更することはできないが、ビニール素材表面のデザインは柔軟に変更ができる。また、シールの貼り付けも容易である。        

 

                                            

                                                    

 

対応段落        第4段落、第5段落

    

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

 

X市を商品名に含めると共に、X市特産の旬の野菜のイラストをデザインに含め月替わりで更新する。また、生産者である農家の写真や名前のシールを貼り、安心安全を訴求する。