中小企業診断士試験のWEB勉強会(問題配信部)

問題配信、勉強会運営が楽しい時分です。

213 事例Ⅳ 訓練 7

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205439p:plain

 

 勉強会のお知らせです。 

↓ 

 

community.camp-fire.jp

 

 

 

 

 

 

問 

当社は、来年度の期首に新設備を導入しようと検討中である。新設備の導入価格は100百万円であり、購入によって毎年(ただし5年間)の現金支出費用が30百万円節約されると期待される。

 

減価償却法方法は、耐用年数5年、残存価格がゼロの定額法を採用する予定でいる。

 

税率を18%とするとき、この投資案の正味現在価値を求めよ。

 

割引率は10%とし、複利現価係数は次のとおりである。

 

単位は百万円とし、小数点第2位を四捨五入すること。

 

                           

 

 

 

 

お洒落に勉強したい方はぜひどうぞ

 

↓ 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

減価償却費=取得価格÷耐用年数
減価償却費=100÷5=20

 

減価償却費の節税効果=減価償却費×税率
減価償却費の節税効果=20×0.18=3.6

 

③FCF=税引き後現金収支+減価償却費の節税効果
FCF=[30×(1-0.18)]+3.6=28.2

 

④正味現在価値=各年度のFCFの現在価値合計-投資額
正味現在価値=28.2×(0.9091+0.8264+0.7513+0.683+0.6209)-100=(28.2×3.7907)-100=6.89774

 

A6.9百万円

 

期間限定!ブログ村へ参加しました

応援クリックよろしくお願いします

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村