中小企業診断士2次試験オンラインサロン

2次試験用に自分をきたえる。

265 考える力を高める。

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20211128211730j:plain

YouTubeチャンネルです!

いいね・チャンネル登録お願いします😊

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

この度、DMMオンラインサロン上で、こちらのブログで配信した過去ログを多数収録した、問題配信サービスを提供することになりました。

 

詳細等は決定し次第順次お知らせいたします。

 

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20220109183252p:plain



 

 

 

 

 

 

 

 

 

SlackやZoomを利用した交流を通じて、中小企業診断士試験に関するノウハウを賢く、幅広く入手しましょう

 


ぜひお気軽にお問い合わせください😋

nijishikenn.com

 

 

 

 

 

 

【問】 難易度 ★★☆☆☆ (ふつう)

事例Ⅱを処理する上で望ましい判断として、最も適切なものはどれか。

 

ア 「現在の X 市の人口は緩やかな減少傾向にある。そして、年齢分布は図のようにな
っている。」という与件文を読み、X市の人口が緩やかな減少傾向にあるので、ターゲット候補から除外すべきだと判断した。

 


イ 「買い物のために県庁所在地の百貨店まで出かけたのに、欲しいものがなかったときは体力的、精神的につらい」というという与件文の文言は、機会・顧客ニーズとして成立しうる。

 


ウ 「地域内の中小建築業と連携しながら、シルバー世代の顧客生涯価値を高めるための施策について、120 字以内で助言せよ。」という問題のターゲットは、既存顧客を対象にしている。

 

 

※目標処理時間 5分以内

 

 

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210418205344p:plain






 

 

 

 

 









 

 

 

 

中小企業診断士の問題を毎日配信しています。

ぜひフォローよろしくお願いします😊

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトなどのご紹介です】

 

 

 

アマゾンでのお買い物はこちらから🎁

 

 

 

 

楽天市場でのお買い物はこちらから💰

 

 

 

Gotoのご予約はこちらから!!!🎈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

誤 ア マクロ的に X 市の人口は緩やかな減少傾向にあるかもしれないが、ミクロ的に増加している年齢分布も存在しうるので、誤り。

 

 

正 イ 正しい。顧客の好みに関する情報、品揃え能力があれば対応可能なため、機会・顧客ニーズとして成立しうる。

 

 

誤 ウ 地域内の中小建築業を利用していて、B社を始めて利用するセグメントも含まれるため、既存顧客のみを対象にしているとは言えないので誤り。

 

 

 

 

 

 

zoomで毎日実施している、朝活・夜活勉強会内で解説しています。

質問等はその勉強会内でお願いします🙆‍♂️

 

参加申し込みはこちらから

nijishikenn.com

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:eguchimiyoshihi6ki:20210416202603p:plain



 

 

 

 

期間限定!ブログ村へ参加しました

応援クリックよろしくお願いします

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村